K-Master's Thinking

しがない飲み屋のマスターが、世の中のことを考える。

選挙の情勢分析って必要だろうか?投票に行くモチベーションがどんどん下がる…。

こんにちは。KIMAMASTERです。

 

衆院選も終盤ですね。

ここに来て目立つのが、「与党圧勝」「自公で300議席超え」「自民単独過半数」などの情勢分析報道。

各メディアも独自に情報を収集・分析して、その結果を報道しているのでしょうから、特段何かの意図を感じることはありません。

報道の自由。日本以外の国でも当然に行われていると思います。

 

しかし上記のような分析をされると、

「大勢が決まってるなら、わざわざ行かなくてもいいか。」

「時間と手間をかけて行く必要もないか」

「どうせ誰に入れるか決まってないし、特に入れたい人もいないし」

…という思考になってしまいます。

 

しかも前回の記事で書いた通り、小選挙区の投票に疑問を感じている。

 

こうなると益々、足が重くなる。雨でも降っていようものなら尚更です。

そして投票率が下がり、やっぱり自民党を利することになっていくのか。

 

・・・・・

 

色々問題があることを前提に書かせてもらえば、選挙の情勢分析の報道は禁止(あくまで自主規制だが)にした方がいいのではないか?

例えば結果の分かっているスポーツの試合なんて、全く興味をそそられない。情勢分析とはいえ、競馬の予想と違って、一定の信憑性はあるのでしょう。

途中の情勢が分からなければ、もっと多くの人が投票に行くのではないでしょうか?

 

・・・・・

 

「報道」によって有権者の「投票行動」は変化します。

今回の報道でも、

「勝ち馬に乗って与党に投票」(バンドワゴン効果

「負けそうな馬を逆に応援」(アンダードッグ効果

どちらもあるでしょう。

でも自分のように「行く意味を見失う」派が一番多いのではないか?

「接戦」報道なら違うのでしょうけどね。

野党のゴタゴタが残念でなりません。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。