K-Master's Thinking

しがない飲み屋のマスターが、世の中のことを考える。

与党の税制改正大綱が決定。飲み屋のマスターにも重要な改正点が…。

こんにちは。KIMAMASTERです。

 

自営業者にとっての税制改正

先日、与党の税制改正大綱が決定されました。

www.asahi.com

 

よく報道されているのは…、

年収850万円以上の高所得者増税

たばこ税(加熱式を含む)の増税

森林環境税の新設。

などでしょうか。

 

あまり報道されていませんが、自分が一番気になるのは…、

青色申告控除の見直し」です。

 

今まで65万円の控除を受けられていたのが、55万円になるとのこと。

国会で通れば、平成32年から適用されるそうです。

 

ただし…。

電子申告を実施するか、帳簿を電磁的記録により保存・備え付けをすれば、従来通り65万円の控除を受けられるとのこと。

いわゆる「e-tax」でしょうか?

 

仮にこれらをやらなくても、基礎控除が10万円増額されるので、行って来いらしいのですが…。

折角の基礎控除の増額、これは活かしたいところですよね。

 

そこで…。

事前準備(カードリーダーの購入など)が必要なので今まで避けていましたが、今年の申告は「e-tax」でやってみようかと思っています。

e-tax」を普及させるのが目的ならば、それに乗せられることになりますが…。

まあ、いいでしょう。

背に腹は代えられない。

 

f:id:kimama2016:20180104003332j:plain

 

それにしても自営業は扱いが小さくないか?

いつも感じるのですが…、

自営業に係るこういった報道が少なすぎる気がしてなりません。

確かに会社員の方が人数が多いし、重要なのは分かります。

でも少なからず自営業者もいる訳で…。

もう少し報道してくれても良いのではないか?

 

今の状態だと自分でアンテナを張って、情報をキャッチするしかない。

一般のニュースでももう少し取り上げて欲しいなと感じます。

 

・・・・・

 

いずれにせよ、今年は早めに申告(e-tax)の準備を進めるつもり。

その経過については、後日、記事にしようと思います。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

(追記)

調べてみると「マイナンバーカード」が必要で、申請してから2か月程かかるとのこと。

これでは今年の申告には間に合わないので、来年には「e-tax」で申告ができるよう、準備をしようと思います。