K-Master's Thinking

しがない飲み屋のマスターが、世の中のことを考える。

レジの無い店舗「Amazon Go」がオープン。はたして、うまくいくのだろうか?

こんにちは。KIMAMASTERです。

 

Amazonがレジの無いコンビニ?をシアトルにオープンしたというニュースが。

www.businessinsider.jp

 

特徴としては、

  • Amazon Go」のアプリをダウンロードして、入り口でスキャンして入店。
  • カメラとセンサーで客の動きを把握し、清算・請求する。
  • レジが無いのでそのまま店を出ることができる。
  • レジは無いが、案内係や商品補充のスタッフはいるらしい。
  • 誰かと一緒でも、自分で買うもの(支払うもの)は自分で取るのがルール。

 

近未来型の店舗としては目新しく、一回は行ってみたいと思うでしょうね。

 

メリットとしては…、

  • 会計に要する時間が短縮できる。
  • 少ない人員で運営できる。
  • 人件費の削減ができる。
  • 万引きは無くなりそう。

 

急いでいる人、時間の無い人以外は、客側のメリットはほとんど無い気がします。

品揃えや価格は分かりませんが、時間があれば普通のコンビニやスーパーで十分。

店側もランニングコストは少なくても、初期投資が過大になりそう。

 

これなら「自販機」を並べておけばいいのでは?と思ってしまいます。

 

しかも「カメラ」と「センサー」に見張られているなんて。

なんか人間が機械に支配・コントロールされているようで、ちょっと気持ちが悪いです。

 

・・・・・

 

まだまだ実験段階で、これから進化していくのでしょうが、この形式ならばセルフレジなどの方が実用的な気がします。

 

日本でも人材不足の中で、省力化した店舗の開発は進んでいくと思いますが、まだまだハードルは高そうですね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。