K-Master's Thinking

しがない飲み屋のマスターが、世の中のことを考える。

お店の「売り場」は誰のもの? 「食品スーパー」の売り場から感じること。

こんにちは。KIMAMASTERです。

 

以前から感じていることがあります。

お店の「売り場」とは、どんな場所なのか?

 

消費者から見れば、そこは「買い物する場所」

店員さんから見ると、そこは「仕事をする場所」

 

どちらが優先されるべきかの答えは明確なのですが…。

店舗によってだいぶ温度差があるようです。

 

「仕事場」と化す、スーパーの売り場。

特に顕著に感じるのが「食品スーパー」の売り場です。

 

混んでる店は「仕事場」になる傾向が強い。

「仕事場」では、客は「障害物」になる。

そこに感謝の気持ちは生まれない。

だから「いらっしゃいませ」の言葉も出ない。

商品を選んでいても、品出しの手を休めない。

商品を取ろうとしても、その場を空けようともしない。

 

逆にヒマな店は、客にやさしくなる傾向が強い。 

 

あくまでも「傾向」です。

会社の理念が末端まで浸透しているかどうかで違いが出ます。

 

f:id:kimama2016:20180508074919j:plain

 

飲食店も同じ傾向だと思う。

これは実感でもある。

飲食店でも、同じ。

ヒマな時は一人一人のお客様を大切にしようと思う。

忙しいときは、目の前の仕事をこなすだけで手一杯になる。

当然、接客は雑になって、お客様の有難みを忘れがちになる。

 

仕事に追われて余裕が無くなって来ると「お客様への感謝の気持ち」が失われる。

最近では「人手不足」により、余裕が無くなっている面もある。

また、コストや利益を優先しすぎると、やはり「心」は失われる。

 

「人間」だから、ある意味、致し方ない面もあります。

 

何のための仕事なのか?

お店の店員さんにとって、品出しは「サービス」というより「作業」でしょう。

「商品を棚に並べること」それが仕事。

でもその目的は、お客様に買っていただくため。

ならばその「作業」の先に、常にお客様の顔が見えていないとダメだと思うのです。

 

それをパートさんやアルバイトさんまで浸透させるのはとても困難です。

だから上記のようなお店があっても「しょうがないなぁ」とは思う。

それでも「ここは誰のための場所なのか?」と、その会社のトップに問いたい。

会社自体にそういう理念が無ければ、現場が「作業」を優先するのは当然のことですから。

 

 

残念ながらそういったお店が多いなぁ、と感じます。

買い物をしていて、イラっとすることが少なくないですね。

 

私の心も余裕が失われているのでしょうか?(苦笑)

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。