K-Master's Thinking

しがない飲み屋のマスターが、世の中のことを考える。

セブン・イレブンの一部店舗で「生」ビールを販売するらしい。コーヒーのようにうまくいくのか?

こんにちは、KIMAMASTERです。

 

前回、ビールの販売量が減っていることに触れました。

人口減少にビール離れ、今後も販売量は減って行くのだろう。

そんな折、こんな記事が目に止まりました。

 

nlab.itmedia.co.jp

 

セブンイレブンの一部店舗で「生」ビールを販売するとのこと。

コーヒーのようにカップを購入し、自動サーバーを使って自分で注ぐ。

Sサイズ100円、Mサイズ190円(税込み)。

内容量は不明。

損得は抜きにして、値ごろ感のある価格設定だとは思います。

 

駅チカの繁華街や商店街の店舗限定でしょうが、それなりに需要はあるのかな。

価格からしても、仕事帰りや休日のちょい飲みはありそう。

 

しかし疑問点や不安なところもあります。

 

その場で飲むか、飲み歩きするしかない。

コーヒーならばテイクアウトするとか、車の中で飲むとかできるが、生ビールは難しい。冷えているうちにサクッと飲まないと美味しくないし、もちろん飲酒運転は✖。

 

店頭や入口付近で飲まれるのは、店にとってマイナスでは?

コーヒーと違って、イメージはあまり良くないですよね。今でも缶ビールを飲んでる人が時々いますが、良い印象は持ちませんね。

 

夏場はいいが、冬は売れない。

コーヒーにはアイスもホットもあるが、寒い冬にコンビニの店頭で生ビールを飲む姿は想像できない。また、缶と違って「生」は鮮度の問題があるので、それなりに売れないとロスが出る。夏季限定販売ですかね?

 

価格は手ごろだが、クオリティは果たして?

容器は紙コップ?プラカップ?自動サーバーで泡の状態は? コーヒーは価格の割りにクオリティが高く成功しているようだが、生ビールはどこまでのクオリティが出せるのか。

 

未成年者への販売や、飲酒運転を助長しないか?

売場の写真を見ると、かなり目立つように注意書きがしてあるが、やはり不安が残る。特に深夜の時間帯は、十分チェックできるのか?

 

・・・・・

 

ビール業界としては新たな販路として期待しているのでしょうね。

経過を見ないと分かりませんが、かなり限定的な販売になりそう。

そしてメーカーに比べて、コンビニ側のリスクが大きすぎる気がしてなりません。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

(2018.7.18. 追記

どうやら販売を見合わせているようです。

リスクを懸念したのでしょうか?

nlab.itmedia.co.jp