K-Master's Thinking

しがない飲み屋のマスターが、世の中のことを考える。

猛暑の夏に思う、資本主義の矛盾。「まだマシ」なシステムから、そろそろ卒業しませんか?

こんにちは、KIMAMASTERです。

 

なんとも不快な日が続いている。

35℃を超える猛暑。(今日は涼しいが…)

夜になっても熱を帯びた空気が充満していて、押しつぶされそうになる。

異常気象、そして未曾有の自然災害

 

しかし、これらはすべて人間が自ら招いたもの。

資本主義に内在する矛盾がひとつの形となって現れたに過ぎない。

そんな風に思えるのです。

 

・・・・・

 

資本主義というシステムは、人間に「物的な豊かさ」をもたらした。

しかし多くの矛盾を孕んでいるのも事実。

それでも他よりは「まだマシ」という理由で延命されてきた。

しかしそのデメリットが、メリットを上回り始めている気がするのです。

 

そのひとつが「自然破壊」

それによる異常気象に自然災害。

そんな資本主義から、そろそろ卒業してもいいのではないか?

 

・・・・・

 

過去には賢者たちが資本主義の暴走に歯止めをかけてきた。

だが共産主義が失敗に終わり、ケインズに代わって新自由主義が台頭する。

資本主義が暴走し、加速していく。

 

その中で犠牲になったのが、多くの労働者であり、豊かな自然だった。

 

f:id:kimama2016:20180807082945j:plain

 

資本主義は「物的な豊かさ」をもたらしたが、自然も壊してきた。

これからは壊れたものや奪ってきたものを、

ひとつひとつ元に戻していく作業が必要なのではないか。

 

時間はかかると思う。

それまで地球や人間がもつのか分からない。

それでもゆっくりと着実に進めていくしかない。

これからは資本の論理ではなく、

人や自然の論理が優先されるべきなのだろう。

 

その中で次の新しいシステムが生まれるかもしれない。

その手法は分からないし、正直うまくいくのかも分からない。

でもこのままだと早晩、地球が壊れるか、人類が滅びるかだと思う。

このまま自然や人を犠牲にして資本主義を延命させる価値はもう無い。

 

・・・・・

 

昨今の異常気象や自然災害を目の当たりにするたびに、

そんなことを感じるのです。

 

非現実的なのは分かってます。理想論です。ポエムです。

それを進めたからといって、短期的には誰も喜ばないし得もしない。

だから誰もやらない。

そして目先の利益や自己保身のために、破滅の道をひた走るのでしょう。

人間って愚かですね。

 

・・・・・

 

あくまでも個人的意見ですのでご容赦ください。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。