K-Master's Thinking

しがない飲み屋のマスターが、世の中のことを考える。

居酒屋チェーンの店長が過労死。浮かび上がる問題点と、会社側に求める対応について。

こんにちは。KIMAMASTERです。

 

先日、こんな報道がありました。

mainichi.jp

大手居酒屋チェーンのモンテローザが運営する「わらわら」の店長が急死した件。

労基署が労災認定したとの記事。

 

遺族の方が描かれた、過労死を告発する漫画がアップされて話題になりました。

悲痛な叫びが心に刺さります。

 

www.asahi.com

 

53歳、自分と同年代。

居酒屋の店長、今は自営ですが、自分もかつてはFC店の店長。

開店準備中に急死、自分もひとりで開店準備してるので、その時に何かあったら…。

なんとも、他人事とは思えないのです。

 

・・・・・

 

管理職の健康被害のリスクについては何度も書きました。

チェーン店の店長の苦労も書きました。

 

先日は管理職の労働時間の把握が来年4月から義務化されることに触れました。

やっと少しは健康被害が減ると期待していたのですが…。

 

しかしこの方は、タイムカードで退勤の操作をした後も仕事をしていたようです。

会社側がそこまで把握できるのだろうか?

疑問が残ります。

 

・・・・・

 

この記事で一番気になったのは、日々の生活パターン。

 

勤務していた居酒屋は、深夜の3時に閉店。

朝6時台の始発まで、帰る手段が無い。

その始発電車に乗って、8時に家に着く。

そして昼12時には起きなければならない。

 

これでは仕事どころじゃないですよね。

 

ここで疑問が…。

「店の近くに住めなかったのかな?」

当然、使用者側が配慮すべき問題です。

異動を考慮し、近くにアパートを1室借りておいて、店長にはそこに住んでもらう。

会社側がそんな対応をするべきだと思います。

深夜3時までという、微妙な営業時間ならば尚更のこと。

 

そういうところまできめ細かく見ていかないと、管理職の労働時間の把握だけでは問題は解決しないと感じました。

 

・・・・・

 

そして遺族の方も触れていた「労働基準法」。

管理職は「労働者」ではなく、「会社側の人間」と見なされる。

すると「労働時間」「休日」「休暇」の規定は、適用除外になる。

つまり、会社側は違法性がなく酷使できる。

 

その分、給料は高いかも知れない。

でも、健康を害してしまったら元も子もない。

遺族の方も書いていましたが…、

「逃げろ」「生きろ」

 

判断が出来ないほど疲弊する前に、

「逃げろ」そして「生きろ」

生きていれば、どうにかなる。

「あなたはまだ生きている」ってハゲタカさんも言ってます。

 

・・・・・

 

これは氷山の一角に過ぎないでしょう。

過労死までではなくとも、多くの管理職が健康被害を受けていると思います。

特に飲食などのサービス業は、過酷な業務を強いられている姿が目に浮かびます。

 

労働者の働き方改革と同時に、管理職のケアをする必要性を強く感じます。

 

そして、もう資本の論理に振り回されるのはやめにしませんか?

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。