K-Master's Thinking

しがない飲み屋のマスターが、世の中のことを考える。

消費税増税の議論について。何がしたいのか、いよいよ分からなくなってきた。

こんにちは。KIMAMASTERです。

 

消費税増税の議論について。

キャッシュレス決済の場合に2%ポイント還元をする案がある。

さらに安倍首相から、東京五輪までの9ヶ月、5%を還元する案が出たという。

www.fnn.jp

さて、いよいよ何がしたいのか、全く分からなくなってきました。

 

・・・・・

 

消費増税後の経済の失速を防ぎたいのでしょう。

しかし、そもそも消費税を増税する目的は何なのか?

 

9ヶ月とは言え、5%還元するなら「上げなきゃいいじゃん」と思ってしまう。

いや、2%還元だって疑問ですよ。

軽減税率対象の食料品を買ったら、8%が実質6%になるって話しでしょ。

 

手間も掛かるし、コストも掛かる。

キャッシュレスに対応していない事業者。

そして同様の消費者。

それらがキャッシュレス化することで、経済的な効果が生まれ、一部に利益が生まれる。

それが狙いでしょうか?

 

政府の議論を見ていると、

東京オリンピックまでは、何が何でも経済や株価を維持したい」

そんな思惑が透けて見える気がします。

 

・・・・・

 

そこで、ひとつ提案。

消費増税後の景気減速が心配ならば、

上げておいて還元するのではなく、

上げ幅を段階的にすればいいのでは?

 

つまり、来年はまず9%にする。

その1年後に10%へ。

今の「外税表示」OKのルールであれば、事業者の対応にも問題は無い。

 

で、軽減税率は止めて、低所得者への現金給付にする。

分かりやすいし、痛みも和らぐと思います。

 

・・・・・

 

「制度はシンプルに」が持論ですが、

為政者というものは複雑にしたがる質なのでしょうか?

それで得られる権益が大きいのでしょうか?

 

まさか…、

わざと国民に分かりづらくさせるためじゃないですよね?

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。