K-Master's Thinking

しがない飲み屋のマスターが、世の中のことを考える。

年金制度についての個人的見解。

前回の記事で「資本はこの国を捨てるのでは?」と書いた。

その時に国民はどうなるのか?

国が助けてくれるのだろうか?

 

そうでもなさそうだ。

先日、金融庁から指針が出た。

ざっくり言えば、少子化で年金水準の維持が難しい。

だから自分でどうにかしろ、というもの。

 

資本に見捨てられ、国にも見捨てられる国民は、いったいどうなる?

 

丸投げする前に、現実をはっきりさせてくれ。

一番の問題は「どうなるか分からない」こと。

将来が見えないから不安になる。

だったら、

「今の状況では年金はこれしか出せない。

だから足りない分は個人でやってくれ。」

と言われたほうがすっきりする。

 

老後はベーシックインカムに一本化するべき。

個人的にはこれがベストだと思う。

公的年金はすべて廃止し、税による高齢者ベーシックインカムを導入する。

支給は70歳から。水準は国民年金満額レベルでいいだろう。

 

国民は負担していた年金保険料を貯蓄に回してもいいし、消費してもいい。

個人の選択に任せる。

 

企業にとっては、従業員の年金保険料の半額負担が無くなり、事務作業も軽減される。

年金に関わる行政の仕事もかなり減るはず。

 

高齢者の生活保護も現金給付は不要になる。

住宅などの現物給付のみで良い。

 

現役世代は「負の所得税」の導入を。

一定の所得以下の人にはマイナスの所得税

つまり最低限の生活を維持するための現金給付を行う。

これにより、失業保険は不要になる。

職業紹介、職業訓練などは民間に任せる。

不透明で非効率な助成金はすべて廃止。

 

生活保護は高齢者と同様。

 

財源は消費税が中心で良いと思う。

逆進性が強いが、低所得者層ほど恩恵を受けるので。

 

段階的に切り替えを。

既得権益を持っている人々がいるので、急に変えるのは難しい。

だが、将来世代と痛みを分けあうためにも、可及的速やかに変更するべき。

小手先だけの修正はもう終わりにして、抜本的な改革を求めたい。

 

・・・・・

 

年金その他のセーフティーネットは、人生設計においての重要なファクター。

「安心させろ」とは言わないが「はっきりしてくれ」とは言いたい。

国民を不安にさせないために事実を隠しているのだろうが、

そのことが逆に不安を増幅させていることに気づいて欲しい。

事実が明確になれば、それを受け入れ、そこから歩き始められるのが人間ではないか。

 

※すべて個人的見解です。